青春18きっぷのバラ券を金券ショップで購入する4つのコツ

2017年のANA株主優待券がもうすぐ配布開始|買取価格の推移を予測しました

スポンサーリンク
ANA株主優待券2018.5.31期限 航空系株主優待券
この記事は約10分で読めます。
金券横丁 裏通り店”は金券ショップで見かける新幹線格安チケット在来線青春18きっぷ商品券・ギフトカード株主優待券など、金券の利用方法や情報を提供しています。記事一覧はこちら

運営者情報はこちらです。金券ショップ取扱商品の確認や金券ショップ店舗検索も可能です。

毎年5月10日~5月15日ぐらいになると、来年の5月31日まで利用できるANA株主優待券が配布され始めます。

5月に株主優待券の期限を迎えるのは、ANA株主優待券の他に、JAL株主優待券JR東日本JR東海JR西日本の各種株主優待券などが挙げられます。

2020年5月31日期限|最新のANA株主優待券の買取価格相場・落札価格相場

2019年7月31日現在、ANA株主優待券の買取価格は4,500円程度です。買取価格が高めで安定しています。

恐らく、お盆時期の駆け込み需要を狙ってのことでしょう。今後の価格動向に引き続き注意を払いましょう。

2019年5月10日~5月15日頃を目途に、2020年5月31日期限となる最新のANA株主優待券が株主へ配布され始めます。

2019年5月11日に最新のANA株主優待券の配布当初の買取価格が3,500円~4,000円と明らかになりました。

最新のANA株主優待券が利用できるのは2019年6月1日からなので、配布当初から高値で取引されるとは考えにくいです。

これらの株主優待券は期限間近ではGW期間の利用が最後になることが多いので、GW期間が終わると一気に値崩れが始まります。既に一部の株主優待券では値崩れが始まっているので、まだ株主優待券を持っている方は使ってしまうか、早目に売却してしまうかの対応をおすすめします。

GW期間が終わると2017年5月31日期限のANA株主優待券の買取価格は、1,000未満になることが確実です。恐らく平均値で500円、買取不可になってしまうことも十分考えられます。(既にヤフオク相場は1,500円程度まで落ちています)

オークファンに無料会員登録しておくとヤフオクの落札価格がいつでも調べられます。

また、ANAやJAL、JRの各種株主優待券の利用は航空券か新幹線切符の予約の際に利用できますが、そろそろGW期間中の座席はなくなってしまうはずです。また、GW期間中は新幹線回数券の利用できない期間にもなっています。

新幹線回数券の利用できない期間でも新幹線切符を安くする方法はあるので、最近ではGW期間中も営業する金券ショップは増えています。ただ、5月3日~5月5日の間はお休みになる金券ショップも多いので、株主優待券の売却を考えている方や新幹線格安チケットを購入したい方は最寄りの金券ショップの営業時間を確認しておくことをおすすめします。

さて、ANA株主優待券の話に戻します。今回は、最新のANA株主優待券が配布される前に、今までの価格相場や毎年の価格変動の傾向を鑑み、2018年5月31日期限のANA株主優待券の買取価格がどういう相場状況になるのかを予想します。

最新のANA株主優待券の買取価格相場情報はこちら

最新のJAL株主優待券の買取価格相場情報はこちら

格安航空券なら航空大手13社の空席状況が今すぐ分かる!大黒屋トラベルもおすすめです。

スポンサーリンク

2017年のANA株主優待券買取価格相場

価格相場・買取・販売

ANA株主優待券の価格相場情報とその予想で最新のANA株主優待券(現時点では2017年11月30日期限)がどの程度の買取価格となっているか、金券ショップの買取価格とヤフオクの落札価格を並べて比較できるようにしています。

ここでは、2017年5月31日期限のANA株主優待券の買取相場と、2017年11月30日期限のANA株主優待券の買取相場が、2017年でどのように変化したのか見てみます。

ANA株主優待券 2017/11/30期限買取価格相場情報

ANA株主優待券 2017/11/30期限相場情報
年月東京の
金券ショップA
東京の
金券ショップB
ヤフオク
2016年11月20日頃3,000 円3,000 円なし
2016年11月26日頃3,500 円3,200 円3,750 円
2016年12月10日頃3,200 円2,900 円3,750 円
2016年12月20日頃3,350 円2,800 円3,500 円
2017年1月21日頃3,350 円3,000 円3,500 円
2017年3月11日頃3,000 円2,700 円3,250 円
2017年3月30日頃3,050 円2,700 円3,000 円
2017年4月18日頃3,050 円2,700 円3,000 円
2017年4月29日頃2,800 円2,600 円3,000 円

ANA株主優待券 2017/5/31期限買取価格相場情報

ANA株主優待券 2017/5/31期限相場情報
年月東京の
金券ショップA
東京の
金券ショップB
ヤフオク
2016年11月20日頃3,000 円3,000 円4,500 円
2016年11月26日頃3,500 円3,200 円3,650 円
2016年12月10日頃3,000 円2,800 円3,500 円
2016年12月20日頃3,050 円2,600 円3,300 円
2017年1月21日頃3,250 円2,800 円3,500 円
2017年3月11日頃2,700 円2,000 円3,200 円
2017年3月30日頃2,600 円2,000 円3,000 円
2017年4月18日頃2,100 円2,000 円2,600 円
2017年4月29日頃1,500 円1,000 円2,300 円

有効期限が短い方が買取価格が安くなる傾向にあるとはいえ、有効期限間近の時期を除けば、有効期限が違っても買取価格にそれほど大きな差が出るわけではありません。

2016年6月~2016年10月のANA株主優待券買取価格相場

毎年11月10日~15日頃に来年11月30日まで有効期限のある最新のANA株主優待券が配布されるようになります。新券の配布が始まる直前は旧券(この場合は5月期限)のANA株主優待券の価格相場は下がることが多いです。

なので、株主優待券が入れ替わりになる時期を除いて、昨年の買取価格相場を見た方が、傾向がつかみやすくなります。

ANA株主優待券 2016/11/30期限買取価格相場情報

ANA株主優待券 2016/11/30期限相場情報
年月東京の
金券ショップA
東京の
金券ショップB
ヤフオク
2016年6月15日頃2,500 円2,500 円3,500 円
2016年8月10日頃2,500 円2,500 円4,000 円
2016年9月10日頃4,600 円4,500 円4,000 円
2016年9月20日頃4,000 円3,500 円4,300 円
2016年9月25日頃3,800 円3,500 円4,300 円
2016年10月2日頃3,500 円3,500 円4,300 円
2016年10月16日頃2,500 円2,000 円4,150 円

ANA株主優待券 2017/5/31期限買取価格相場情報

ANA株主優待券 2017/5/31期限相場情報
年月東京の
金券ショップA
東京の
金券ショップB
ヤフオク
2016年6月15日頃2,500 円2,500 円3,500 円
2016年8月10日頃2,500 円2,500 円4,000 円
2016年9月10日頃4,700 円4,600 円4,600 円
2016年9月20日頃4,200 円4,000 円4,500 円
2016年9月25日頃4,100 円4,000 円4,500 円
2016年10月2日頃4,000 円4,000 円4,400 円
2016年10月16日頃4,000 円3,600 円4,500 円

2016年は10月23日から最新の株主優待券の配布に配慮した価格相場となったため、買取価格相場の傾向として参考になるデータは2016年の6月~2016年10月までのデータとなります。

昨年は最新のANA株主優待券(2017年5月31日期限)の配布が始まってからすぐは買取価格相場が2,500円でお盆明けまで推移していました。

9月から買取価格が上がっているのは、どの金券ショップでもANA株主優待券の在庫が切れ始めたため、ヤフオクの価格相場に合わせて推移していることが分かります。

お盆の時期が終わるまで買取価格が低迷していた理由の1つに、2016年8月からANA株主優待券を利用した座席予約に制限が設けられることになったことが挙げられます。

このことが原因で買取価格が若干安くなっていますが、実際には座席予約に制限が設けられることがほとんどなかったため、お盆時期を脱してから買取価格が上昇したという見方もできます。

2017年5月~2017年10月のANA株主優待券買取価格相場を予想

もうすぐ2018年5月31日期限のANA株主優待券の配布が始まります。

これまでの情報を基に、2017年5月から2017年10月までの間にANA株主優待券の買取価格がどのように変動するか予想しました。

ANA株主優待券 2017年5月以降の買取価格相場予想
年月ANA
2018年
5月31日期限
ANA
2017年
11月30日期限
2017年5月15日頃2,000 円2,500 円
2017年6月1日頃2,500 円2,500 円
2017年6月15日頃2,500 円2,500 円
2017年7月1日頃3,000 円3,000 円
2017年7月15日頃3,000 円3,000 円
2017年8月1日頃3,500 円3,500 円
2017年8月10日頃3,000 円3,000 円
2017年8月20日頃3,500 円3,500 円
2017年9月1日頃3,800 円3,800 円

まず、2017年5月15日頃の配布開始直後では、5月中に利用できない2018年5月31日期限のANA株主優待券の買取価格相場は2,000円程度で全国の金券ショップが様子見をすると睨んでいます。

この間に東京の金券ショップ各店ではライバル店舗が設定する買取価格から自店の買取価格を決めていき、6月頃になって最新のANA株主優待券が使えるようになった時には2,500円程度の買取価格で落ち着くと思われます。

これは現状の買取価格が2,600円~2,800円程度になっていることからも容易に予想できます。また、今のところANA株主優待券の利用に関して新しい規制などが入る情報は出ていません。

お盆期間の利用制限が昨年と同等のレベルであれば、特に気にする必要もないレベルであると見込んだうえでの買取価格設定です。

そして、7月頃になると需給予測も立ってきて、3,000円程度の買取価格までは上昇すると考えられます。

2016年は8月中旬まで2,500円の買取価格で推移していましたが、今年は昨年ほど利用制限に警戒もされていないと思われるので、早い段階から買取価格が上昇することが予想されます。

8月に入れば需要も増えるので、3,500円程度までは上がるでしょう。お盆期間中はお店を休む金券ショップも多いので、買取価格も一時3,000円程度まで落ち込む可能性がありますが、お盆明け頃から金券ショップの在庫数も少なくなってくるはずなので、また3,500円程度の買取価格に戻ると考えられます。

そして、9月も格安航空券の需要は比較的高いままになるので、9月頃が最も買取価格が上がってくる時期だと私は考えています。

もしかしたら、お盆前の7月下旬から8月上旬にかけて買取価格が早々と上昇してくるかもしれませんが、現時点ではそうなるという確信がないので、予想の買取価格は控えめの設定です。

長い間お付き合いいただきありがとうございました。もうしばらくすればANAの株主優待券の配布が始まるので、より買取価格相場も予測しやすくなってくると思います。

ただ、現段階での買取価格相場の予想にも需要があると思ったので、少し早めに今回の記事を作成しました。予想が大幅に外れてしまったらすみません。

格安航空券の購入ならANAやJALの株主優待券もいいけど大黒屋トラベルもおすすめ

  大黒屋トラベルの国内格安航空券

 ☆国内10社の空席・料金が今すぐわかる!
  その場で予約・購入も可能!!
  (一部航空会社を除く)
 ☆複数航空会社の組合せ予約も可能!
 ☆スカイマーク・Jetstar・Peachなど
  格安航空会社も取扱中!

オススメ

格安航空券を購入するのはANA株主優待券の利用だけではありません。

この記事をご覧の方には金券ショップの利用だけじゃない!?半額以下で国内線の格安航空券を購入する方法もおすすめです。

金券ショップの利用だけじゃない!?半額以下で国内線の格安航空券を購入する方法
最近では格安航空チケットを専門で販売するLCCの登場やインターネットの利用が一般的になってきた関係で、誰もが格安航空券を簡単に買えるようにもなっています。今回は金券ショップを利用せずに半額以下の格安航空券を購入する方法を紹介します。
格安航空券なら航空大手13社の空席状況が今すぐ分かる!大黒屋トラベルもおすすめです。

ANA株主優待券は楽天ストアでも購入できます

↑の画像をクリック楽天ストアの
ANA株主優待券の購入ページに移動
できます。

格安航空券なら航空大手13社の空席状況が今すぐ分かる!大黒屋トラベルもおすすめです。
Si prega di attivare i Javascript! / Please turn on Javascript!

Javaskripta ko calu karem! / Bitte schalten Sie Javascript!

S'il vous plaît activer Javascript! / Por favor, active Javascript!

Qing dakai JavaScript! / Qing dakai JavaScript!

Пожалуйста включите JavaScript! / Silakan aktifkan Javascript!Better Stop Adblock
タイトルとURLをコピーしました